外科的歯内療法|東近江市・八日市駅で歯科をお探しの方は村上歯科クリニックまで

  • 電話
  • メニュー

外科的歯内療法~歯内療法最後の砦~

外科的歯内療法は、
「非外科的治療では解決できない場合に行う最終手段」と思ってください。
外科治療になれば難易度は高くなり、知識や技術を求められます。

ご自身の歯より優れているものはありませんので、当院では外科的治療が必要な場合は精密歯内療法の技術を駆使して、歯を残すための治療を行います。
従来の外科的歯内療法の成功率は60%程度と高くはなく、予知性の高いと言える治療ではありませんでした。
しかし、近年ではCBCT、マイクロスコープ、超音波器具、MTAセメント、バイオセラミックスを用いたモダンテクニックによる外科的歯内療法の成功率は90%以上との研究結果が多く見られます。
外科的歯内療法が必要となる臨床的要因としては、非外科的歯内療法では除去できない歯根内感染(intraradicular infection)や、歯根外感染(extraradicular infection)の除去または不活化が挙げられます。

外科的歯内療法介入の
タイミング

外科的歯内療法介入のタイミングとしては、主に2つが考えられます。

  1. 1つめは、通常の根管治療が終了した後も疼痛や腫脹などの臨床的な問題が解決していない場合。
  2. 2つめは、根管治療が終了した時点では臨床的な問題はなく、経過観察中にX線上で明らかな病変の拡大が認められる場合。

これらのほかにも、さまざまな理由で根管治療を行えない症例においては、根管治療を行わず、外科処置を行う場合があります。

外科的歯内療法の
治療法

①歯根端切除術

歯肉を切開してから剥離して歯の根の先、根尖病巣を確認します。根尖を切除し、同時に根尖病巣を除去します。その後、切除した面に密閉性の高い材料を詰めます(逆根管充填)。縫合して止血を確認します。
歯根端切除術は、根の先端にできた病変に対して行う外科治療です。マイクロスコープ下で、根の先端の除去・破折や未処置部分がないかの確認や、バイオセラミックスを充填して、その後縫合を行います。しかし、解剖学的理由により、歯根端切除術ができない場合があります。その場合は、意図的再植術で治療を行います。

②意図的再植術

意図的再植術は、一度歯を抜いて感染源である根尖を切除し、逆根管形成、逆根管充填を行ってから元に戻します。
口腔外の治療でもマイクロスコープを用います。歯を抜歯することの負担によって歯が割れてしまう事があるため、慎重に抜歯を行います。もし割れてしまった場合は抜歯となります。また、意図的再植術は口腔外で歯の処置を行いますが、処置時間には限りがあるため、迅速に行う必要があります。

外科的歯内療法の
適応症

基本的には、精密根管治療を行って、可能な限り侵襲の少ない治療による治癒をめざします。それでも改善されない場合は、外科的歯内療法の適応となります。具体的には、以下のようなケースが適応症になりやすいです。

  • 根管が細すぎて、治療用の器具が入らない。:狭窄根管
  • 生まれつき複雑な根管であり、十分な消毒ができない。
  • 根っこの外側へ感染が進行している。:根尖孔外感染
  • 感染した治療器具・材料の根管内残存や根尖孔外への押し出し。
  • 治療器具の不適切な操作による根管の修復不能な傷。:ジップ・レッジ・パーフォレーションの形成

外科的歯内療法の
治療料金

前歯 100,000円
小臼歯・大臼歯 120,000円